読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Clear Consideration(大学職員の教育分析)

大学職員が大学教育、高等教育政策について自身の視点で分析します

アーカンソー州立大学フォートスミス校が日本人被災学生向けの短期留学奨学プログラムを開設

Diary Foreign

high190です。
東日本大震災の被災者に対し、各国から様々な支援の手が差し伸べられていますが、アメリカのアーカンソー大学フォートスミス校では、被災学生向けの短期留学奨学プログラムを新たに開設したそうです。
東日本大震災で被災した学生が対象で、月$500、航空券、寮費が支給されます。留学期間は8カ月とのこと。


大きな地図で見る

募集要項、大学案内などは下記URLから確認できます。


被災者の中には、恐らく今年度に留学を検討していた学生もいたでしょう。被災による経済状況の変化で留学自体諦めざるを得ない学生もいると思われますので、こういった奨学プログラムを提供してくれること自体、日本の大学関係者の一人としてお礼の気持ちを伝えたいと思います。また、震災から1カ月でスピーディにこういったプログラムを発表するところも素晴らしいですね。応募にあたってはTOEFL-IBT 61点(CBT173点,PBT500点)以上のスコアが必要ですが、条件を満たす人の多くが応募してもらえたらいいですね。