Clear Consideration(大学職員の教育分析)

大学職員が大学教育、高等教育政策について自身の視点で分析します

定期購読しているblogの紹介

今日は私が購読しているblogを紹介します。
俺の職場は大学キャンパス

このblog、現役の某私立大学職員が書いています。
この方、大学職員には珍しく修士号を持っておられ、Webプロデューサーとしてのキャリアに基づいた記事を書かれています。
おそらく、日本の私立大学関係者から最も支持されているblogではないでしょうか。

このblog、何故購読者が多いのかを考えると下記の理由が考えられます。

  • 更新頻度が高い(ほぼ毎日)
  • 内容に偏りがない
  • 時事トピックを扱っているため、ニュースサイトとしての性格を有している
  • 記事への切り口が明確で読者が理解しやすい

以上のように、ハッキリ言ってプロが書いている文章です。
やはりどのように作れば分かりやすいかを推敲した文章は、ちょっと読んでも分かります。
特に私は論理的に文章を作るのが苦手なので、極めて勉強になるblogです。
様々な点に感心してしまうのですが、中でもYoutubeを利用した大学広報のあり方について書かれた記事は、私自身の認識を覆すものでした。
Youtubeで大学をPRしてみる?(出典:俺の職場は大学キャンパス)

Web2.0というワードはそこかしこで使われていますが、自分の仕事に取り込んで使いこなせている人はまだ少数派だと思います。
そのような状況を打破するために私もちょっとした「実験」を行なっていますが、Youtubeの利用にまでは考えが至りませんでした。
今後はWeb2.0を戦略的に活用する場面がもっと増えてくるかも知れませんね。

私見が長くなりましたが、教育関係者でなくとも非常に面白い内容ですので、ご一読いただくとよろしいかと思います。