読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Clear Consideration(大学職員の教育分析)

大学職員が大学教育、高等教育政策について自身の視点で分析します

アメリカ・国際教育研究所が家族被災の日本人留学生に無償の奨学金支給へ

high190です。
フルブライト奨学金を運営しているアメリカの国際教育研究所が、先日の東北地方太平洋沖地震で家族が被災した日本人留学生に対して、無償の奨学金を支給することにしたそうです。


米国の教育交流機関「国際教育研究所」(本部・ニューヨーク)は23日、東日本巨大地震で家族らが被災した米国内の日本人留学生を対象に無償の奨学金を支給する、と発表した。同研究所によると、日本の災害を受けて奨学金が米全土の大学に適用されるのは初。
奨学金は、成績優秀な米国内の大学・大学院生らが対象で、今年春学期に1人最高5000ドル(約40万円)を支給する。在籍先の大学を通じた申し込みは4月4日が締め切りとなる。
同研究所はフルブライト奨学金の運営などを通じ、戦後の日米交流を支援してきた。米国内には現在、約2万5000人の日本人留学生がいる。同研究所には既に、地震による家族の死亡などで授業料を支払えなくなった日本人学生数人の例が寄せられていた。

国際教育研究所のWebサイトにプレスリリースが掲載されています。

日本人としてこのような措置を講じた国際教育研究所に感謝の意を表したいと思います。
これだけの甚大な被害が出た今回の災害では、復興にも長い時間がかかると思われることから留学生に必要な当面の資金を無償で提供することの意義は非常に大きいです。